読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保活@中野区の備忘録

2015年1月生まれの第一子の保活メモ

復職して1年経ちました

復職1年のこの機会に、生活面の工夫、なんとかやりくりしている「自分の時間」、あきらめたことを書きたいと思います。

①生活面の工夫…旦那の予定を把握する

旦那の仕事は不規則かつ毎日違う場所へ赴くような仕事なので、出産前は「明日はどこ行くの?」と聞くのが慣例でした。しかしこれでは園の送迎や私の予定も成り立たないので、ホワイトボード的なものに1週間の予定を書いてもらうようにしました。最近は朝は園へ送るのをほぼ任せていますが、朝早い、などと書かれたら送りはどうするか相談するような感じです。

②自分の時間

どうしても行きたい飲み会があるようなときは、相手と旦那に相談して、お迎えを任せられそうな日を合わせてもらいます。

あと、たまに旦那が平日休みのときは、夜に息抜きで出かけることも。休みも急に決まるので、友達と会うのは難しく、1人で買い物したり飲んだり…。馴染みの店に行けるのが嬉しいです。

③あきらめたこと…作り置き

サイトを見たり本を買ったりしたのですが、土日に2時間料理する気になれず…。毎日お味噌汁やスープなど汁物が欲しくて、結局娘を寝かせてから何かしら調理しています。最近は、朝起きてから少しは娘がごはんを待てるようになり、サラダくらいは朝作ることもありますが、基本は夜。キッチンとリビングが一体型の部屋なので、娘が起きている間は火を使いたくなくて。しかし、就寝時間が遅くなるので、どうにかしたいですね。