保活@中野区の備忘録

2015年1月生まれの第一子の保活メモ

待機児童数、昨年より増えてる‼︎

小宮山たかし氏ツイッターより。

子ども文教委員会で今春の保育施設利用状況が発表されたようです。

(子ども文教委員会のサイトへ行っても、資料掲載には時間がかかるのか、載ってないんですよね…)


認可保育所への申し込み1999人に対し、入所できたのは1192人。807人が入れませんでした。認可入所率、59.6%ということになります。

認証園にまわった人数などを引いて、最終的な待機児童数は375人。待機児童の定義が変わったらしく、育休中だけど入所できたら復職したい101人が含まれています。これを除く274人という数値が、昨年までの待機児童定義に等しいものになります。昨年は257人。旧定義に合わせて計算しても、待機児童数は増えています。

昨年は1906人申し込み、1262人入所。あれ?入所人数は昨年の方が多い。

最も待機児童数の多かったのは1歳児、225人。3歳以上は認可園にも空きがかなりあったようで、5歳児枠は待機0、枠は100人以上空いていたようです。新設園の分でしょうね。