保活@中野区の備忘録

2015年1月生まれ第1子&2018年3月生まれ第2子の保活メモ

インフル・パンデミックを免れた話

病児保育を利用しているフローレンスから、インフルエンザが東京都で警報発令レベルに流行中で、スタッフが足りないという連絡が来ました。

我が家では1/2に旦那がA型を発症。

予防接種なしの娘と予防接種した妊婦への感染を防ぐため、以下のような措置をとりました。

⑴旦那を個室隔離

自室に引きこもってもらい、出るのはトイレのみに。食事は毎回部屋の前に運び、終われば食器は即、食洗機へ入れました。


⑵マスクとクレベリン

旦那と私は常にマスクを装備。また、効果はやや疑問視されているのですが、空気中のウイルス除去をうたっているクレベリンという商品を居間と旦那個室に設置しました。


あとはうがい手洗い加湿で、どうにか難を逃れました。

とはいえ、これから保育園で拾う可能性もあり、まだまだ気が抜けません。